店舗経営支援(LEDレンタル、越境EC、Alipay決済、微博広告)|㈱レドリー

株式会社レドリー

中国国民にとって信用が死活問題に

中国人が、中国で航空券や鉄道のチケットを購入する際には、身分証の番号登録が必要です。

そこに、問題のある前歴があると、航空機や高速鉄道の利用を制限されてしまいます。

それは、現実的な不便さもありますが、それよりも、その前歴を隠しておくことができなくなることの方が重大です。

今後の社会では、信用は第二の身分証であり、信用を失えば外出することも難しくなってしまいかねません。

政府の情報ネットワークと、民間企業の情報ネットワークが連携しつつあります。

中国国民にとって、「信用」が死活問題となってきていると言えます。

これまでは信用を失っても大した問題になりませんでしたが、これからの時代は信用が生命線になってくるのです。

写真は、上海の「豫園」の東屋です。

ページトップ