株式会社レドリー

株式会社レドリー

シンギュラリティとは

AIが人間の知能に近づき、そしていずれは人間の知能を超える日が来るかもしれません。

これを「技術的特異点」または「シンギュラリティ」と言います。

SFやアニメの世界では、これがよく用いられます。

物理の世界では、重力が無限大となるような場所のことを重力の特異点と呼んでおり、ブラックホールが誕生するシーンで用いられることがありました。

しかし、シンギュラリティの場合、転換点のようにとらえた方がわかりやすいかもしれません。

アメリカの人工知能研究の権威であるレイ・カーツワイルは、このシンギュラリティが2045年までに起きると予言しています。

シンギュラリティが起きれば、AIが従来の仕事を奪い、失業者を生み出すものの、そのかわりに新しい仕事を生み出すと考えられています。

たとえば、メディア制作については、世の中では出版不況と言われており、近年、雑誌や書籍などの紙媒体はWebメディアに押され、縮小傾向にあります。

では、編集者やライターは紙からWebに移行すれば生き残れるのかというと、AIを駆使したWebコンテンツサービスが提供され始めてきているため、もしかしたら難しいかもしれません。

たとえば、WACUL(ワカル)というベンチャー企業では、「AIライター」というサービスを始めました。

これは、コンバージョン数を伸ばすための記事制作フローを一部自動化するサービスです。

「キーワード選定」「骨子作成」「効果検証」が自動化できるので、企画立案者や編集者の出番は少なくなります。

企画立案者、編集者、ライターの仕事は減り、AIのサービスを開発するエンジニアなどの仕事は増えます。

ページトップ