株式会社レドリー

株式会社レドリー

メディアへのAIの侵略

メディアの世界へのAIの侵略はどんどん進んでいます。

広告代理店の電通では、「AI MIRAI」というプロジェクトチームを作り、AI開発を積極的に行っており、広告コピーすらAIに担わせようとしています。

静岡大学と共同で「AICO」という広告コピー生成システムを開発し、2017年から実践投入しています。

もっとも、このAICOは、コピーライターを減らすことを目的とするものではなく、TPOに合わせて、リアルタイムで、よりパーソナライズされたネット広告配信を可能にするものです。

テレビや雑誌の全盛期は、コピーライターの仕事は、多くの人々を引き付ける広告コピーを考えることでしたが、個人のライフスタイルや嗜好に合わせた広告コピーを短いサイクルで多く展開してくことが求められているのです。

つまり、AIを活用し、時代に合わせた広告に進化しているのです。

また、Web上の文章に関し、校正を支援することにAIが活用されてきています。

Webを閲覧していて、誤字脱字に遭遇することも少なくありませんが、こういった誤字脱字は今後大きく減る可能性が高いです。

今後のAIの発達に期待されます。

ページトップ